Dont Watch Me

You are using browser on Mac
Plugins installed:
Fingerprint:
OS:
Device:
Your IP: 34.204.169.230
Located: Ashburn, Virginia US
View a map

Software

From messangers to browswers we have you covered for secure online activity

Privacy Software

VPN

Read up on the latest VPN news and options for your streaming or browsing

VPN Information

TOR

TOR is not just for the dark web. Learn how to use this tech for more privacy online

Discover TOR Network

Encryption

Encryption is key to staying private. Secure your passwords or folders easily

Encryption Software

Latest News

Kostenloses VPN vs. kostenpflichtiges VPN

Es mag zwar verlockend sein, ein kostenloses VPN zu nutzen und kein Abonnement zu bezahlen, aber das könnte deine Sicherheit und Privatsphäre gefährden. Ist die Nutzung eines kostenlosen VPNs überhaupt[…]

Read more
March 1, 2024 0

Temuのアプリは危険?怪しい?Temu Japanアプリの危険性・安全性を徹底解明

Temu(テム)は、さまざまな商品が驚くほど低価格で購入できることから、最近、注目されている人気のオンラインショッピングサイトです。しかし、私達日本人の多くはTemuに対してまだまだ知らないことが多く、「本当に安全なのか不安」「怪しそうで怖い」と危険性を心配する声があります。この記事では、Temuの運営会社をはじめ、Temuアプリの危険性や、怪しいと言われる理由、Temuアプリを安全に利用する方法など、Temuに関するさまざまな情報をご紹介します。 Temuとは? Temuとは、2022年にアメリカのボストンで設立されたオンラインショッピングのプラットフォームで、日本では2023年7月からアプリが利用可能になりました。Amazonや楽天市場など、他の大手オンラインショッピングサービスと同じように、ウェブサイトとアプリを通じて商品を販売しており、各小売業者はTemuに商品を出品することで、プラットフォームを通じて注文と支払いを受けることができます。 各ユーザーはTemuで、衣料品や美容品をはじめ、電化製品から日用品まで、多種多様な商品を見つけることができます。一般的にこのようなサイトの場合、多様な品揃えは珍しくないですが、注目すべき点はその価格の安さです。Temu内で販売されている商品があまりにも安すぎることから、「このサイトは危険で怪しい」「詐欺の可能性がある」「Temuは本当に安全なのか」「運営しているのは誰なのか」など、多くの人がTemuの安全性に対して疑問を抱いているのも事実です。 Temuの運営会社は? Temuの公式サイト内ではアメリカのボストンで運営されていると主張していますが、実際の親会社は中国の上海にあるPDDホールディングスという中国企業です。PDDは、Temuの中国の姉妹サイトである「Pinduoduo(拼多多、読み方はピンドゥオドゥオ)」を含むいくつかeコマースサイトを所有していることから、アメリカの政府関係者は、中国共産党の影響力と同社への関与を懸念しています。ただ、それでもTemuはアメリカ国内の消費者の間で絶大な人気を誇っており、Temuアプリは既に何百万回もダウンロードされています。 Temuジャパンは詐欺なのか? 結論から言いますと、Temuジャパンは詐欺を働いておらず、合法的なeコマースサイトとして機能しています。一方、大手小売業者の基準である「ベター・ビジネス・ビューロー(BBB)」の認定を受けていないという事実もあります。 また、Temuのサイト内で販売されているパソコンの多くは一見、DELLやHPのような大手企業が製造したもののように見えますが偽物です。このサイト内で実際に販売されているハイテク企業の本物の製品は、LenovoやXiaomiなどごく少数に限られます。Temuのウェブサイトに掲載されているブランドが認証を受けているかどうかは、リストに青いチェックマークが表示されているかどうかで判断できます。 「届いた商品の質が悪かった」や「偽のブランドの製品だった」などと発言しているユーザーもいますが、現状このような問題がどの程度あるのかを正確に把握するのは難しいです。また、Temu社を通じて販売している一部の業者が不正を働いている可能性もあるため、問題の原因を特定するのも難しいでしょう。 Temuの商品が安すぎる理由 こちらでは、Temuの商品がなぜ安いのかについて紹介します。 低品質で大量生産:Temuの商品の多くは、低品質の素材で作られ、大量に生産されているため、安価で販売できています。 仲介会社を介さない:Temuでは仲介会社を介さないので、各商品に仲介手数料が加算されずに安く提供できているという点も安さの理由のひとつといえます。 安いものが優先的に表示される:Temuの公式サイトはシステム上、自分が選んだ商品に類似している商品の中でも安いものを優先的に表示される仕組みになっているので全体的に安く感じてしまう傾向があります。 送料が無料になる:購入金額が2800円以上であれば、送料が無料になります。 ただし、留意しておきたい点としてはTemuはオンライン小売市場を独占するために多くの商品を他社の販売価格よりもはるかに安く販売し、会社全体が赤字に陥っている可能性もあるということです。 Temuアプリの危険性 ここからは、Temuのアプリ危険性について解説します。 Temuとそのデータ収集方法に関して、安全性への懸念が提起されています。Grizzly Researchのレポートによると、このアプリはインストールされると権限がエスカレートしてしまい、操作する際に必要以上のユーザーの個人データを収集する可能性があることがわかっています。 また、同社が直面した悪評はこれが初めてではありません。2023年4月、プライバシーの専門家たちが、Temuの姉妹サイトであるPinduoduoのアプリがユーザー本人の同意なしに膨大な量のアプリ個人情報を採取する能力があると懸念を表明しました。CNNビジネスの記事によると、運営会社のPDDはPinduoduoのアプリに携わっていた開発者チームを解散させ、その大半を直接Temu開発チームに移したといいます。 2024年1月現在、Temuジャパンにおいて主な被害の報告はされていませんが、このようにTemuを運営する親会社の評判とデータ収集のやり方が問題視されています。過去20年間、多くのテック企業でプライバシーに関する事件が発生しました。Temuと中国政府との繋がりに関してはいまだに不透明ではありますが、Temu Japanのアプリを通して収集されたデータがどこで共有されているのかなどの危険性は、多くの人々を不安にさせていることは間違いないといえるでしょう。 Temuジャパンはどんな個人情報を収集するのか? Temuは、ユーザーに関する多くのデータを収集します。Google PlayストアでTemuのアプリをダウンロードする際に、以下のようにアプリで収集される可能性のあるデータが掲載されています。 名前 メールアドレス ユーザーID[…]

Read more
February 29, 2024 0

【2024年最新版】世界のインターネットの自由度とVPN規制まとめ

インターネットは現代の生活に欠かせない一部となっていますが、その自由度は国によって大きく異なります。一部の国では政府によるコンテンツの検閲や、ウェブサイトやSNSの利用、VPN接続の規制が行われています。VPNは、暗号化された仮想的な専用線を構築するサービスで、プライバシーの保護や安全性の向上がそのメリットです。一方で、一部の国ではVPNの利用が規制されており、これは政府による検閲から逃れる手段となり得るためです。インターネットの自由は、国民の表現の自由を尊重する上で不可欠です。今回は、国際NGO団体「Freedom House」の調査(2023年)の調査を基に、世界各国のインターネットの自由度とVPN規制(NordVPN調査)に関する情報をまとめました。 世界各国のインターネット自由度 世界各国のインターネット自由度は、その国のインターネット利用者が、インターネットを自由に利用できる程度を示す指標です。インターネット自由度は、Freedom on the Net指数に基づいて評価されます。また、NordVPNの調査に基づき、各国の最新のVPN規制についても示しています。 Freedom on the Net指数の見方 Freedom on the Net指数は、以下の「質問のチェックリスト」をもとに各国のインターネットの自由のレベルを測定したものです。質問のチェックリストは、「アクセスの障害」「コンテンツの制限」「ユーザー権利の侵害」の3つのカテゴリに分類されます。 質問のチェックリストには、全部で21の質問と100近くのサブ質問があり、自由な状況にあるほど高いポイントが割り当てられる仕組みです。3つの質問の合計ポイントがトータルスコア(0〜100点)となり、スコアに応じてインターネットの自由度がわかります。 スコア100〜71:自由度が高い スコア70〜40:自由度は普通 スコア39〜0:自由度が低い インターネットの自由度ランキング:ベスト5 ここでは、インターネットの自由度が高い上位5か国とその理由について解説していきます。また、NordVPNの調査に基づき、各国の最新のVPN規制についても示しています。 ベスト1位:アイスランド アイスランドは、100点満点中95点を獲得した、2022年時点で世界で最もインターネットの自由度が高い国です。 オンラインコンテンツに対する制限は最小限であり、ユーザー権利についても強力な保護を受けています。著作権で保護された一部のコンテンツを除き、国民は政治、社会、宗教などを含むWebサイトやSNSを自由に閲覧できます。 インターネットの自由度の高さゆえ、2021年のインターネット利用率は99.5%と100%に迫る勢いです。 ベスト2位:エストニア 世界で2番目にインターネットの自由度が高かった国は、エストニアでした。民主主義制度が強固なエストニアでは、国民の政治的権利が広く尊重されており、ユーザー権利の保護が強力です。 政府はオンラインコンテンツの閲覧に制限をほとんど設けていません。制限があるのはオンラインの違法ギャンブルサイトが主で、ユーザーは政治、社会、宗教に関するコンテンツの大部分を自由に利用できます。 ベスト3位:コスタリカ コスタリカのFreedom[…]

Read more
February 29, 2024 0