Tag: Facebook

メタバースとは?その意味や活用事例、ビジネスチャンスを解説

最近よく耳にするメタバースは、仕事、娯楽、社会活動を組み合わせた仮想現実体験であり、まさにインターネットの未来といわれています。この最先端のテクノロジーを駆使した画期的な発想に対する人々の熱量は日に日に高まっていますが、このメタバースとは一体どのようなものなのでしょうか?今回はメタバースの仕組みや特徴、メリットなどを詳しく解説していきます。 メタバースとは? メタバースとは、わかりやすくいうとインターネット上に構成された3次元の仮想空間のことで、インターネット接続とVRシステムさえあれば誰でも利用できる世界を創造しています。メタバース(metaverse)という言葉は、超越や高次元を意味する「メタ(meta)」と、宇宙や世界を表す「ユニバース(universe)」をかけ合わせた造語です。 メタバースの仕組みとしては、仮想空間内に3DCGで作られた建物や部屋があり、ユーザーはアバターと呼ばれる自分の分身を使って自由に散策をしたり、他のユーザーと会話したり、共同作業するなど現実世界に限りなく近い状態で活動できます。 このメタバースという概念はいつからあるのでしょうか?一般的にはつい最近登場したと思われがちですが、実はメタバースの語源は今から30年以上前の1992年にアメリカで出版されたニール・スティーヴンスン氏のSF小説「スノウ・クラッシュ」が起源とされています。 2003年にはメタバースを利用した3次元仮想空間「Second Life」がリリースされ、日本でも一時期注目されましたが定着することなく、一過性のブームのまま終わってしまい、その後はオンラインゲームを中心に利用されてきました。 しかし、2021年にSNS大手のFacebookがMeta Platformsに社名を変更したことや、世界的な新型コロナウイルスパンデミックによる外出制限やリモートワークの普及に伴い、オンライン上でのコミュニケーションの需要が高まったことがきっかけで、メタバース市場に参入する企業が続々と増え始めました。また、通信技術の発達に加えて、多くの人々がこれまでの現実世界よりもインターネット上で過ごす時間が増えてきたことも要因のひとつといえます。 現在、メタバースはVRやARなどの仮想空間技術の進歩とともに新たなビジネスや体験に繋がるツールとして注目を集めており、仮想空間上でもオフィスにいるような感覚でコミュニケーションが実現できるとして、活用する企業も増えています。 メタバースはどのような技術を使っているのか? メタバースは現在注目されている技術のひとつであり、さまざまな分野において活用することができますが、果たしてどのような技術を使っているのでしょうか。こちらでは、メタバースを構成する上で使用されている技術について解説します。 VR(Virtual Reality、仮想現実) VRは、実際にはない仮想空間をあたかも現実世界のように体感することを目的とした手段や技術のことです。VRでは視覚と聴覚を使って現実に起こっているかのように錯覚させる体験で、主にゲームをはじめ、自動車学校や新築マンションのシュミレーションなどでよく使用されています。 メタバースとVRの明確な違いは、空間とツールです。メタバースが仮想世界でのコミュニケーションに重点を置いているのに対し、VRは仮想空間での体験そのものを可能とすることが目的で、よりリアルな体験をするために視界を覆うVR専用ゴーグルが必要になります。 VRはメタバースの世界では必要不可欠というわけではありませんが、メタバース空間内ではより臨場感を味わうためのオプションとして使用される場合があります。たとえば、会議の際にVRを使用することで他の人の位置や声の聞こえ方などが反映されるため、より集中できるようになります。 AR(Augmented Reality、拡張現実) ARは、Augmented Realityの略称で、現実世界を立体的に読み取って、仮想的に拡張する技術のことです。具体的には、サングラス型のARグラスを装着したり、スマートフォンのカメラ機能を使用することで現実世界の中にデジタルな映像や文字情報が重ね合わせて表示した世界を体験することができ、それらのデジタル情報を触って操作することもできます。このARはエンターテインメント関連をはじめ、教育や営業支援、製造業など幅広い分野で活用されています。 また、ARは主にマーカー型(または画像認識型)、平面認識型、位置情報型という3つの種類があり、目的の動作によってそれぞれ分かれています。たとえば、マーカー型ARは画像などを読み込んでARコンテンツを呼び出す場合に使用され、平面認識型ARは空間を認識してARコンテンツを呼び出します。位置情報型ARは、GPSなどの位置情報を認識することでARコンテンツを呼び出すことが可能です。 メタバースの世界でもこのAR技術が活用されている最も代表的な例は世界的に大人気のポケモンGOです。ARはあくまでも現実世界を軸にしているため、スマートフォンのカメラ機能を使って表示されるポケモンは1つしか存在しないのがこのARメタバースの特徴といえます。その他にもGoogleマップ、ECサイトでのヴァーチャル試着などにもこれらのAR技術が使用されています。 MR(Mixed Reality、複合現実) MRは、Mixed Realityの略称で日本語では「複合現実」と訳され、現実世界に仮想世界の映像や情報を投影するというARと似た技術のことです。ARと異なるのは、仮想のものに直接触れて操作したり、複数人で共有できる点です。MRゴーグルを装着することで、新しい自動車のドアを開けて車内の様子を確認するなど、これまで本来実物を用いてしか提供できなかった分野での体験をすることができたり、多くの分野での業務の効率化に活用されています。 上記で紹介したVR、AR、MRのようなメタバース空間を実現する技術はXR技術(クロスリアリティ)と呼ばれており、主にデジタル映像の世界と現実世界の位置づけに合わせて3つに分類されます。今のところ、メタバースとのまだ明確な繋がりはあまりありませんが、今後はこれらXR技術とメタバースが連携することで、より進化した体験ができる可能性は十分にあるでしょう。 IoT(Internet of Things、モノのインターネット) IoTとは、さまざまなモノがインターネットに接続されたことで相互に情報交換を行なう仕組みのことで、そのようなIoT製品はスマート家電とも呼ばれています。具体的には、パソコンなどの電子機器をはじめ、テレビやエアコンなどの家電製品、自宅の防犯カメラや鍵、自動車など、現在私達の生活の中でIoT技術を使用しているものは多岐にわたります。これらのIoT製品はワイヤレスネットワークを介して接続されるため、スマホなどのスマートデバイスを利用して遠隔で操作が可能です。 メタバースは、オンライン上の仮想空間と物理的な世界の統合として想定されているため、IoTはARのような物理的なものと仮想的なものを融合させる役割を果たす可能性を秘めています。 メタバースにおいてIoTの明確な用途のひとつは、メタバースユーザーを物理的環境でより安全にすることができる点です。通常、メタバース体験に参加している間はVRヘッドセットを装着しているために仮想世界に没頭しやすく、物理的に周囲の状況を意識しなくなります。しかし、スマートドアベルやセキュリティシステム、さらにはサーモスタットなどのIoT対応デバイスを使用している場合は、現実世界で注意すべき問題をメタバースにメッセージを送信することで、ユーザーに警告することが可能です。 ブロックチェーン ブロックチェーンもまた、公の場ではしばしばメタバースと結びつけられる技術です。ブロックチェーンとは、分散型の台帳やデータベースのことでデータを削除したり、変更することが非常に困難なので暗号通貨やNFTに使用されています。 なかにはメタバースにおける財産所有権の基盤として利用できるのではという声もあがっています。たとえば、メタバースで自分のアバターが着ている服をブロックチェーン上に保存し、実質的にはNFTではありますが、自分だけが所有権を持つ唯一無二の資産にすることが可能です。 {SHORTCODES.blogRelatedArticles} メタバースはどのような発想から生まれたのか? 以下では、メタバースがどのような発想から生まれたのかについて解説します。 前述した通り、メタバースは以前から存在していましたが、再度注目を集め始めたのは2021年頃とわりと最近です。この時期は世界的な新型コロナウイルスパンデミックの影響でオンライン上でのリモートコミュニケーションの需要が高まり、リモートワークが普及していました。ちょうどその頃にMeta社やApple社などの大手企業がメタバース事業を本格的にはじめ、その結果、通信技術や仮想空間に関連する技術が大幅な発展を遂げ、デバイスも低価格化したことで若年層を中心にユーザー数が増加しました。 通常、メタバースでは、主に個々の場所やゲーム内の空間を指す仮想空間と違い、複数の仮想空間において各ユーザーがリアルな社会と同様に、オンラインショッピングやNFTの売買・利用、ゲーム・エンタメサービスの利用などの経済活動を行なったり、他ユーザーとのコミュニケーションしたり、イベントへの参加など社交活動が行われていたり、場合によってはメタバース内で仕事をしてお金を稼ぐこともできます。 私達はコロナウイルスパンデミックによって半ば強制的にオンライン上でのコミュニケーションを利用せざるを得ない状況になりましたが、今ではほとんどの人が抵抗感なくスムーズにを利用するようになっています。加えて、非常に多くの人がSNSを利用していることも、メタバースの世界での活動や他ユーザーとのコミュニケーションに対しても何も違和感を持たずに利用できている理由といえます。 これがもし、十数年前だったら到底受け入れられないでしょうが、オンライン上での交流に対して徐々に人々の意識が変化したことが、メタバースが受け入れられていることにも繋がっているのでしょう。 メタバースの活用事例 メタバースの主な活用事例を以下にまとめました。 エンターテイメント メタバースを使用して何ができるかというと、まず代表的な活用事例がmetaverseエンターテインメントです。その中でもメタバースゲームは、三次元の仮想空間でリアリティ感のある中で没入してプレイできたり、大人数のユーザーが同時に参加可能です。ゲームによっては、ゲーム内のバーチャルマーケットでキャラクターやアイテムをNFTとして売買できたり、ゲーム空間内での広告を掲載したり、販売できる点なども魅力です。 また、メタバースは音楽ライブなどの没入型エンターテインメント体験の舞台として機能しており、メタバースの世界の中でイベントに参加することができます。このようにmetaverseエンターテインメントは、地理的な障壁がなくなることで、物理的にその場にいなくてもコンサートやスポーツイベントで没入型のバーチャル体験ができます。 ビジネス メタバースはビジネスにおいても活用されています。今や、リモートワークやZOOMミーティングが一般的ですが、なかには没入型のVR空間でバーチャルオフィスやバーチャル会議室でアバターを使って物理的な会議室にいるのと同じように会議を行なう企業も存在しています。 また、マンションや住宅などの不動産業界は、メタバースと相性が良い業界として知られています。住宅展示場にあるモデルハウスやショールームを設置する際にメタバースを使用することでユーザーに実際に住んだ場合を想定したリアリティを体験してもらうことができます。 さらにメタバースは、VRやARシステムを基盤としているため、学校の授業など教育現場やトレーニングにも最適なツールです。たとえば、学生が物理的に大学のキャンパスに通えない場合にメタバースを使用することで授業に参加することができます。特に最近は新型コロナウイルスパンデミックの影響もあり、リモート授業の需要が高まっています。 その他にも最近では、オンライン上での婚活イベントや交流会をはじめ、各役所での相談・申請手続きなどにもメタバースは有効的な手段として活用されています。 メタバースはビジネスにどう役立つのか?…
Read more


June 20, 2024 0

20 Facebook scams you should be aware of

It’s been 20 years since Mark Zuckerberg and his roommates launched Facebook. With its gigantic success throughout the years, the platform has attracted billions of users, allowing them to express themselves, share news, celebrate achievements, and forge meaningful connections. However, at the same time, Facebook has also become a perfect place for scammers to exploit…
Read more


June 17, 2024 0

Protect yourself from Facebook phishing emails

Have you ever received an email claiming your Facebook account was disabled? Instead of clicking the link in the email, you checked your app, and everything seemed fine. You might have encountered a Facebook phishing email. Scammers design these fake emails to look legitimate to trick users into revealing their personal information. This article will…
Read more


June 10, 2024 0

Las funcionalidades electorales de Meta no cumplen con la Ley de Protección de Datos según la AEPD

A la víspera de las elecciones europeas, la Agencia Española de Protección de Datos (AEPD) ha ordenado la suspensión de las funcionalidades electorales de Meta, la popular red social que está especialmente activa durante la campaña y el día de las votaciones. Entre los argumentos para tramitar esta orden de suspensión, se recalcan los riesgos…
Read more


June 6, 2024 0

Why Facebook smart glasses threaten privacy

Facebook has teamed up with Ray-Ban to launch a line of relatively inexpensive smart glasses — but what you’re saving on price, you might end up paying in privacy. In this article, we explore how the Ray-Ban Meta Smart Glasses work and what risks they pose to your privacy. What are the Facebook smart glasses?…
Read more


April 3, 2024 0

Come capire se hanno hackerato il tuo profilo Facebook: guida 2024

Facebook è un social network estremamente popolare, uno dei più utilizzati al mondo. Per questo motivo, è spesso preso di mira dagli hacker, che lo utilizzano per ottenere le informazioni personali degli utenti iscritti. È quindi importante imparare a tenere sempre sotto controllo il proprio profilo, in modo da accorgersi quando viene hackerato e potersi…
Read more


February 22, 2024 0

¿Cuál es la mejor app de mensajería instantánea segura?

Una app de mensajería segura como WhatsApp mantiene sus conversaciones privadas. Bueno, para ser más exactos, ¡en privado! Ya se trate de una anécdota embarazosa, chismes de la oficina o sus propios sentimientos, lo que menos quiere es que alguien vea sus mensajes o que los usen para ofrecerle publicidad. Si no usa una app…
Read more


January 31, 2024 0

關於假新聞您所需要知道的一切

社群媒體開創了假訊息、假新聞和鼓吹宣傳的新時代。近年來,使用社群媒體操弄活動的國家數量增加了 150%。這些活動的目的為何?要如何實施?您又要如何看穿假新聞? 內容 為何要使用假新聞? 假訊息如何傳播? 社群媒體如何阻止此種現象? 假新聞:政治宣傳的最新演變 如何看穿假訊息 為何要使用假新聞? 世界各地有越來越多的政府都在使用假新聞和欺騙式網路媒體做法。早在 2020 年,就有 80 多個國家被發現使用了某種形式的社群媒體操弄手段,而現在這個數字可想而知一定更高。 這些活動通常是由政府機構、政黨或政客下令進行的。有時,私人承包商或民間組織也會發起這類活動。此類活動往往集中在三個關鍵領域——親政府或親政黨的政治宣傳、攻擊反對黨的政治宣傳,以及分裂社會的訊息。 廣義來說,這些策略的目標是誤導國內外的社群媒體使用者。但為何要這樣做?深入探討後就會發現,誤導性資訊會產生有害影響,並可用於以下目的: 分散或轉移對重要問題的注意力。魔術師會把您的注意力從其手上轉移到他們表演的把戲上,媒體也是如此;因此,活動的組織者可以秘密實現他們的目標。 煽動暴力、放大仇恨言論,加劇宗教、政治或社會群體極化。2017 年及之後緬甸發生的穆斯林種族滅絕就是其中一個例子,其主要是由 Facebook 上傳播的政治宣傳煽動而起。而自 2014 年以來,俄羅斯支持的媒體多次散佈有關烏克蘭在有爭議的頓巴斯地區,對人民施暴的假新聞,顯然就是企圖在地區之間製造分裂。 精準投放選民,影響總統大選或公投等公眾投票。此種情形在 2016 年的美國總統大選和英國脫歐選舉中都曾出現過。而在台灣,近年的幾次大選也都出現了多起抹黑或美化特定候選人的假訊息,側翼跟網軍也都成為政黨操弄風向的常見手段。為了達到目標,不法份子需要收集使用者的人口統計、興趣、收入等資料,以便制訂如何分化選民的策略。 壓制基本人權,如言論自由或資訊自由。鼓吹宣傳會讓人置身於潛在虛假資訊的人造泡沫中,這意味著要辨別真假會變得更加困難。 影響全球讀者,這對專制政權尤為重要。中國公民被禁止使用的熱門社群媒體管道仍被政府用來在全球散佈有利消息。 假訊息如何傳播? 假訊息在社群媒體上如野火般蔓延,因為人們已經開始相信社群媒體是自己的主要資訊來源。社群媒體允許實體收集和利用關於您個人的大量資訊。如此一來就可以更容易針對您,根據您的喜好訂製訊息,使其更具有說服力。 舉例來說,政客更有可能把資金花在搖擺選民身上。轉化對某些問題還未有強力主張的人要容易許多,也更具成本效益。 要如何做到? 使用模仿真實使用者或假人頭帳戶而建立的機器人帳戶。有些人可能會混合使用假帳戶和自動發送訊息功能,或者使用遭駭和被竊的帳戶。 與公眾合作,包含民間社會組織、青年團體、社群媒體網紅和支持該事業的志願者。隱藏在這些實體背後會使辨識虛假資訊變得異常困難。 國家控制的媒體平台。病毒式新聞報導,尤其是影片剪輯形式的新聞報導,可以由國家支持的媒體機構進行廣宣。這在專制政權中是一種常見的策略,但在國外也非常有效。RT TV(前英文全稱為「Russia Today」(今日俄羅斯))是一家英語電視台,被廣泛視為俄羅斯政府的喉舌,多年來一直在進行親俄的政治宣傳,而自俄烏戰爭爆發以來,歐洲監管機構終於開始限制其傳播範圍。 選擇不同類型的媒體散佈假訊息。您甚至可能不會認為其是政治宣傳。迷因圖、影片、假網站、社群媒體貼文、評論和內容都可以用作假新聞和政治宣傳。此外,現在廣泛使用的人工智慧聊天機器人 ChatGPT 就常被用來為各種媒體平台製作內容。然而,聊天機器人往往容易提供不準確的資訊,還會模仿特定人物的語氣和風格,使其更具說服力,這引發了人們對 ChatGPT 安全性的質疑。此外,生成式 AI 的崛起也讓假訊息的製作變得更快速簡單,其可以協助心懷不軌的不法份子產生大量以假亂真的新聞報導、論文報告等,因此,人們不斷呼籲政府立即採取行動,對 AI 科技制定監管法律。 選擇合適的平台。Facebook 仍是用於傳播假訊息的最大平台之一,其次則是 X(前身為 Twitter)、Instagram、WhatsApp 和 YouTube。資安專家警告,人工智慧、虛擬實境和物聯網也會很快被廣泛用於製作宣傳內容和支持政治宣傳。 近年來,深度偽造(Deepfake)技術已成為一款越來越有效的假訊息製造工具。深度偽造是由人工智慧生成,令人信服的人臉和聲音仿真媒體。2022 年,在俄烏戰爭爆發後,一段顯示烏克蘭總統澤倫斯基(Volodymyr Zelensky)讓烏克蘭軍隊投降的深偽影片在網路上流傳。當然,該影片完全是捏造的。…
Read more


January 26, 2024 0